SAYAKA000403

彼女の名前:  SAYAKA000403
1月のログイン予定です。
月曜日〜金曜日 10:00~18:00です。
 
【  ☆ありがとうございますヽ(^。^)ノ  】
 
(⋈◍>◡<◍)。✧
 
私が、あなたの癒しになれますように。
 
 
 
 
 
などと言ってはみたものの・・・
 
実際は、登録したばかりで
 
まだまだホカホカですがっ(n*´ω`*n)
 
 
 
 
 
毎日皆様と、チャットさせていただける、やり取りが楽しくなりそうでしかたありませんっ♪
 
 
 
 
 
まだまだ慣れない
 
部分も多々ありますがぜひぜひっ!
 
 
 
 
 
 
1児のママですが、
 
 
旦那とのエッチに満たされていなくて、登録しましたので、
 
 
日々うるおいを、満たされる様に、手伝っていただけたら、
 
 
 
 
 
 
嬉しいですっ(((o(*゚▽゚*)o)))
 
 
 
 
 
皆様の心と下半身に、ムラムラ解消、、、どころか
 
ねっとりと、あふれ出るアソコからの汁を、
 
ほとばしる母乳を、降り注いでいくぞよ〜っヾ(*´∀`*)ノ
 
 
2ショットは、サービス頑張りますが、チャット中は、法律遵守になります(^o^)丿
 
 
 
 
 
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*::,..,:*:,..,:*
 
 
I can'tspek in English,but I'll do my best for you! 
 
 
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*::,..,:*:,..,:*
.
 
【 複数でプレイしたの。。 】
 
 
 
混浴温泉に行った時の事を告白します。あの時の温泉は入り口は男女別でしたが、中で一緒(混浴)になり、屋根は付いているものの
 
 
 
半露天って感じなんでした。湯船は大きなものが一つとその上に箱型のものと二つ在り、この箱型の湯船の右側は夜には薄暗いHなポイントになります。
 
 
 
 
在る日、元カレと私はここに一泊しました。日帰りも出来ますが、ゆっくり温泉とHを楽しむ為に一泊にしました。私達が温泉に入った時に中には男の人が4人程入っていましたが、
 
 
 
 
やがて男の人二人が出て、中には私達二人と男の人二人になりました。
男の人二人は大きな湯船の方に入っていましたが、
 
 
 
 
私達が箱型の湯船に入ると、一人が箱型の湯船に移って来ました。彼はそれを合図にでもしたように私に触り始めました。足先から太腿へ、そして一番敏感なあそこへと進むにつれて
 
 
 
 
 
私の息も荒くなってきます。
初めは離れて入浴していた男の人も彼の愛撫に漏れる声に少しずつ近づいてきて、やがて肌が触れるくらいすぐ後ろまで
 
 
 
 
 
 
寄って来ました。すると彼は座ったまま私を抱え、他の男の方に、見せつけながら挿入してきました。「見つかるヨ~」って嫌がってたのですが「いいから、いいから」とズンズン下から突き上げてきます。
 
 
 
 
 
見られてしまうし、別の湯船の男の人達に、見られてる思うヒヤヒヤもんでしたが、いつもと違う彼の突き上げにもうどうでも良い気持ちになってきてしまいました。
 
 
 
 
 
やがて後ろの男の人が「見てていいですか」と声をかけてきました。
 
 
 
「いいっすヨ、触ってもいいよ」と彼は答えながらチ○チ○を抜き、私のお尻を男の人の方へさも、どうぞって感じで向けました。男の人は後ろから鼻息も荒く一直線に私のあそこへ
 
 
 
 
 
 
 
手を廻し、痛いほどかき回していましたが間もなくイキそうになったのか、入れていた手を抜くと私の体に貼りつくようにしながら湯船からでました。
 
 
 
 
 
 
見ると男の人のチ○チ○は今にもハチキレそうなばかりです。すると彼は、その男の人にそっとゴムを手渡しました。男の人は何かにとりつかれたように、無言でゴムを付けながら
 
 
 
 
 
 
再び湯船に入ると、私の後ろから入れようとしました。しかし、焦っているのか、なかなか入ってきませんでしたが、じれている私に彼が察したのか、
 
 
 
 
 
 
男の人のチ○チ○を導き挿入させました。
もうすでに彼に入れられ、男の人にいじられた私のアソコは、洪水状態で水の中なのに、すんなり迎え入れました。彼は「いっぱい濡れて、欲しかったんだネ」と男の人に聞こえるように
 
 
 
 
 
囁きました。
男の人はもの凄い勢いで、出し入れを始めました。「もうダメ!壊れちゃうっ」耐え切れずに声を漏らしたのが聞こえたのか、男の人のピストンでお湯がこぼれたのを、気にしたのか、
 
 
 
 
 
大きな湯船に入っていた別の男の人がこちらをチラチラ見始めたので、一旦は身体を離しました。
しばらくして彼は男の人を手招きして湯船の隅に座らせると、
 
 
 
 
 
別の大きな湯船にいる男の人との間に彼が目隠しするように座り直しながら、私を抱き上げ男の人に向かい合わせにまたがせました。
 
 
 
 
まだギンギンになってる男の人のチ○チ○は、またぐのと同時に再び私を貫きます。彼は男の人とつながった私にキスしながら、指をアナルを入れ、入れたまま
 
 
 
 
 
私の腰をスライドさせました。男の人の激しい突き上げとアナルへの刺激に、私の頭は真っ白になって、気が遠くなってしまいました。
 
 
 
それから、部屋に戻り、待ち合わせてた。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

お気に入りの女の子たち

urara2815XooRenooXMaria2018nana1026hinappp
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments